1. HOME
  2. 事業案内
  3. 消臭・脱臭製品
  4. 散布混合型脱臭製品
  5. 散布混合型脱臭製品

消臭・脱臭製品

Deodorizing products

散布混合型脱臭製品

散布混合型脱臭製品

悪臭対策で悩んでおられる畜産業経営者の皆様

イチプラ の脱臭製品を 「糞尿に散布・混合」 してください!

◎糞尿の「発酵状態を改善」し、「糞尿からの悪臭の発生を抑制」します。

◎堆肥製造時の「切り返し時」の「悪臭の発生を抑制」します。

◎糞尿と混合して強烈な悪臭を発生する「嫌気性発酵を抑制」します。

高額な脱臭設備を導入する必要はありません!

「畜舎から堆肥製造工程まで効果を発揮」して、「良好な堆肥」になります。(家畜にも害が無く、堆肥としても問題ない成分で出来ています)

静岡県西部地域の「養豚経営者様に3年以上継続して使用」していただいています。

・悪臭の発生は、糞尿が嫌気性発酵していることに起因しています。

嫌気性発酵は弱酸性で進行し、極低濃度でも人には強烈な悪臭を感知するガスを発生します。( 主な悪臭ガス:低級脂肪酸類、硫化水素類、硫黄化合物など )

・ 「イチプラ」の散布混合型脱臭製品は、「糞尿の嫌気性発酵を抑制」して、「極低濃度でも強烈な悪臭を有するガスの発生を抑制」します。

・ 家畜の成育区画から堆肥施設に至る「糞尿の発生場所に散布・混合」してください。畜産関連施設の  「川上(畜舎)から川下(堆肥施設)まで」 悪臭の発生を抑制します

(「糞尿のPHを弱酸性から弱アルカリ性に移行」して、「好気性発酵を促進」させます)

・ この製品は「家畜に無害で、堆肥としても問題なく使用できる」植物性原料と天然由来原料から出来ています。(養豚経営者様に「4年以上に渡り、継続してご使用」いただいています)

・ 堆肥としても肥効の高い堆肥が出来ます。( 実用新案登録済 )

「悪臭の発生を抑制する効果と安全性を実証」 しました!

一度試用してみませんか!(特価で提供します) ぜひお問い合わせください!

製品紹介

1.原料構成 (動植物に安全な原料を使用しています)

・食品産業における飲料製造時に発生する原料かす:コーヒーかす、茶かす(発酵品)など

・おが屑 ・竹粉 など

・PH調整成分(嫌気性発酵を抑制するために添加、カルシウム成分などの天然由来成分を使用)

2.販売例 (個別に応談します)

・製品重量:10kg/袋 (製品梱包時の重量とします)

・製品形態:土のう袋入り

・最低販売数量:100kg(10袋単位)

・販売価格例:60~150円/kg (試験をご希望の際には特別価格で提供します)(販売数量や原料組成によって価格は異なります。価格は応談。税別・送料別)

3.イチプラ製散布混合型脱臭製品の効能と試験結果

・家畜の成育区画に散布しますと、家畜が動き回ることで糞尿と混合されて、効果を発揮します。

糞尿の発生場所から糞尿の移動経路、堆肥工程まで糞尿と混合されて嫌気性発酵を抑制します。極低濃度でも強烈な悪臭を発生するガスの発生を「 川上から川下まで 」抑制します。

・この脱臭材は PH(水素イオン濃度)を適正範囲に調整 して、空気を取り込み易くしますので、嫌気性発酵の進行を抑制して、好気性発酵に移行し易くします。発生した悪臭ガス(アンモニアガスを含む)は、脱臭材が中和・吸着します。

・「高濃度アンモニアガス対策は別途脱臭製品を提供」 します。

・安全な原料を使っていますので、「豚の成育」には影響を及ぼしません。(3年以上継続してご使用いただいています)

・イチプラの散布混合型脱臭製品は糞尿と混合することで良質な堆肥となります。

・イチプラの散布混合型脱臭製品は、コーヒーやお茶などの飲料製造工程で発生する植物性かすを原料に

していますので、「産業廃棄物の発生を低減」し、「食品関連産業のリサイクルに貢献」します。

・イチプラの脱臭材と豚糞を混合した際の臭気試験結果を以下に示します。

[ 豚糞との混合試験結果 ]

4.使用例 (使用場所:養豚業における畜舎、糞尿などの悪臭発生場所など)

使用方法(その1)

・畜舎の成育区画全体に敷き材料としておが粉などと適宜混合して散布します。(スノコ方式でも糞尿と脱臭材が糞尿集積経路で混合されて堆肥工程まで効果を発揮します)

・散布量:5~20kg/区画, 散布頻度:1~2回/月 (悪臭の発生状況により散布量は適宜調整します)

・区画内において糞尿の状態が悪化している場所に集中的に散布することも有効です

使用方法(その2)

・畜舎の糞尿集合経路や堆肥装置に集めた糞尿に散布・混合します。

・散布量:10~30kg/回,  散布頻度:1~3回/月  (糞尿などの発生量や畜舎の状況により散布量は適宜調整)

糞尿の発生場所から堆肥製造場所まで、どの工程においても散布・混合できます。

<養豚場生育施設での散布混合型脱臭製品の使用例:生育区画の敷料として>